アパート経営とは、購入したアパートに入居者を募集し、そこから毎月の家賃収入を得るビジネスです。世の中にはたくさんのアパートを経営している大家さんもいるため、どちらかといえば費用よりも、儲かるイメージを持っている人も少なくないでしょう。しかし、実際にアパート経営をするにはやはりそれなりの費用が掛かってきます。どのタイミングで費用が必要になるかというと、まずは経営するアパートを購入する際の購入資金、そして経営をしていく中でコンスタントに発生する費用の主に2種類があるといえます。アパートを経営してみたいと考えたときに、どのくらいの費用がかかり、どのくらいの資金を用意しておく必要があるでしょうか。それぞれの場面に分けて見ていきたいと思います。

アパートの購入時にかかる費用とは

アパート購入時にかかる費用としては主に次のようなものがあります。まずは購入したいと考えている物件の支払い、そして仲介してくれる不動産会社に支払う仲介手数料、司法書士費用、固定資産税の日割り、登録免許税や不動産取得税などの税金、印紙代などのまとまった費用が発生します。アパートの価格は小さいものでも数百万から大きいものになれば5000万円を超えるものもあり、現金で一括決済ができる人は多くありません。ほとんどの人は金融機関からの融資を受けて購入しますが、それでも売買契約委には一般的に物件価格の1割程度の頭金(手付金)を現金で用意する必要があります。そのため、少なくとも300~500万円程度のまとまった現金が用意できた上でアパート経営を始められると考えるとよいでしょう。

アパートを経営していく中でかかる費用とは

アパートを購入し、実際に経営をしていく中ではどのような費用がかかってくるでしょうか。まずは金融機関からの融資を受けている場合は、ローンの返済が毎月の費用として発生します。昼間にフルタイムで仕事をしている場合や物件が遠方にある場合など、なかなか自分で管理をするのが難しいケースがあります。そんなときは不動産管理会社に物件の管理を依頼しますが、その際に毎月決まった管理手数料を支払う必要があります。さらに新しく入居者を募集する際の広告費や、退去をした場合はルームクリーニング代やリフォーム代が発生します。また、経年劣化により大規模な修繕が必要になる場合を見越して、そのための積立金も毎月の費用となります。その他、建物にかけた火災保険料などの諸費用もかかります。