アパート経営と聞くとどんなイメージがあるでしょうか?何となく儲かりそう、少ない労働で稼げそうなどのイメージを持つ人も少なくありません。しかし、実際にはある程度落ち着くまでには様々な作業が発生します。収益が出そうな物件を探し、金融機関の融資を受けるなど購入資金の目途を立て、購入後は入居者の募集をし、その後も確実に家賃の回収をしなければなりません。また、定期的にクリーニングや修繕をしながら建物のメンテナンスもしていく必要があります。マンションの1室を買って経営するものとは違い、アパート一棟となるとはるかに規模が大きく様々な面においてまとまった資金が必要になってきます。これから始めてみたいと考えた場合、どのような部分に重点を置く必要があるのでしょうか。

収益の出る物件を探せるかどうかがカギ

アパート経営を成功させられるかどうかの最も大切な部分が物件選びです。収益が出る物件を買うことができるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。ここで失敗をしてしまう人が多いのも事実です。サラリーマン、自営業などその人の属性や住んでいる場所、自己資金の過多によっても買える物件は変わってきますが、最も注目すべき点は、継続して家賃収入を得られる可能性が高い物件かどうかです。どんなに綺麗で広くて住みやすそうな部屋であっても、まったく需要のない地域では意味がありません。どのエリアで、駅からの距離が何分で、ターゲットとする層は誰かなど自分なりに買うべき物件を明確にしていく作業が必要です。物件の情報は不動産ポータルサイトに随時アップされていますので、チェックをしながら物件を見る目を養うことが大切です。

必要な経費を算出して、余裕を持った計画を立てる

アパートを購入、経営していくためには思いの外費用がかかります。購入時には物件自体の金額の他に、不動産会社への仲介手数料や登録免許税、不動産取得税、印紙代などの諸経費も発生します。また購入後も入居者を募集するための費用、退去が出ればルームクリーニングやリフォーム代が発生します。また大規模な修繕に備えて資金を積み立てしておくことも必要です。また、物件の管理を自分で行わない場合は管理会社への毎月の手数料も発生します。毎月の家賃からそれらの経費を差し引いてどのくらいの手残りがあるか、さらには万が一空室が多くなった場合のリスクも踏まえて余裕を持った資金計画が必要になってきます。よって、ある程度まとまった貯蓄がない場合は、まずはそのための資金を貯めるところからスタートすると良いでしょう。